衣料品店の店員

衣料品店の店員をしたことがあります。
数日間だけの催物などへ出店している専門の店でした。
Gパン、スカートなどを扱っていましたが、ブランド物ではなく、どこで作ったか分からないような物ばかりを扱っている店でした。

お客様から依頼された時にサイズ探しをするのが主な仕事でした。
ほぼ立ちっぱなしの仕事なので疲れましたね。

元々数日間の短期間バイトだったので、その数日間だけの1回でやめました。
私には、面白くない仕事でした。

でも、いろいろな仕事を経験をすることは、自分がやりたいものを探すうえで重要に思います。
正社員ではなくアルバイトは、報酬(給料)は低い(安い)ですが、短い期間でもできるし、気に入れば長く働くこともできるので、浮草のように気楽ですよね。

アルバイトは、人生経験としては貴重な経験ができると思います。しかも、お金をもらいながら。。。

居酒屋でバイト

居酒屋でバイトをしたことがありますが、あれも大変ですね。

注文された商品を届けるだけですが、酔っぱらいさんが相手なので、無理難題を言ってくるお客様もいらっしゃるので、私はあまり好きではありません。

私がバイトしていたショーパブのチェーン店だった居酒屋さんへ数日行かされたことがあるだけですが、楽しさを見いだせなかったので私は嫌でした。

旅館の仲居さん

東本願寺前(京都)の旅館の仲居のバイトをした年がありました。

その年の夏休みは帰省せず、旅館の仲居のバイトをしました。

夏休み期間中2ヶ月程度だけのバイトでした。

布団を上げたり敷いたり、玄関や風呂の掃除が主な仕事だったように思います。

ですから、早朝と夕方と1日2回ずつスクーターで通いました。

その時、その旅館で使っていた木綿のさらっとしたシーツを一枚頂いてきたのですが、自宅で使うととても気持ちよく寝られたのを思い出しました。

焼鳥屋の店員

小さな焼鳥屋の店員さんになった時は、夕食が嬉しかったですね。

こういうのは「まかない」って言うんですかね。

焼鳥の身の細かい売り物にならないような肉片を使った「焼鳥丼」でした。

勤務する日は毎日同じものでしたが、タレが美味しいので嬉しかったです。

焼鳥屋の店員として何をしたのかあまり思い出せませんが、カウンターだけの小さな店だったので、たぶん焼き役ではなくビールをジョッキについで出すとか、配膳、後片付けだけだったように思います。

ショーパブの店員

ショーパブの店員では、良いことがありました。

私はやりませんでしたが、他の店員がショウをするので手拍子やタンバリンを使って盛り上げるのですが、女性客が多いショーパブでは、私も接客のために着くんですが、私がついたテーブルのお客様と仲良くなって、私がいる日にご来店下さる方がいらっしゃいました。

自分目当てにご来店下さるというのは嬉しいものですね。テンションが上ります。

結局は、そのお客様と必要以上に仲良くなってしまいました。

短期のバイト探し

私が大学生の時は、まだインターネットはなく、学生会館?のような会場の掲示板に貼られている求人広告の貼り紙を見て、短期バイトを申し込んだのを覚えいています。

しかも、人気のあるバイトは競争率が高く、手を上げた希望者でジャンケンをして、勝った人がその権利を得るという方式でした。

その募集の時間に合わせて、友人と一緒にスクーターで行ったものです。

その友人も、結局は短期のバイトをやめて、料亭で包丁を握る板さんのバイトをするのが長続きしたようです。

工事現場の短期バイト

工事現場の3日間の短期バイトでは、冬だったので現場が寒くて1日目で風邪を引いてしまい、1日だけのバイトとなってしまいました。

現場の方には迷惑かけたと思います。すみません。

それ以来、外でするバイトは私には向かないと思い、その後はしないことにしましたが、土木系のお仕事をされている皆さんは凄いと思いました。

筋力もない私には、辛い力仕事は向かないのかもしれません。

ホストにチャレンジ!?

ショウパブの店員としてのバイトが楽しくて、ホストにチャレンジしようと面接に行きました。

でも、怖かった。

だって、お客様はオバサンが多いというので。。。

当時20歳の私にはかなり怖かったので、面接だけ受けてやめて帰りました。

お金のためと割りきっても、勇気が入りますよね。

幸いそこまでお金に困っていなかったので、その道に進まずに済みました。

バイトは楽しい

私も大学生の時にバイトをしました。

工事現場の短期バイト、焼鳥屋さんの店員、ワインバーの店員、ショウパブの店員など。

体育会の部活に入っていたので、単発か夜のバイトしか出来ませんでした。

中でも一番続いたのがショウパブの店員でした。

お客様の接客などやったことがなかったんですが面白くて、女性客が多い店だったのでホスト的なバイトでした。

お小遣い稼ぎだけのバイトでしたが、学生の私には非現実的な世界で楽しかったですね。

幸い学費などは親が全額出してくれたので、バイト代は私自身のお小遣いとして消えていきました。